薬剤師という仕事

薬剤師という職業

薬剤師は、日本の国家資格の一つで調剤や医薬品の供給、その他の薬事衛生に携わる専門職のことです。
現在では、6年制の大学において所定の科目を履修し、1年に1回行われる薬剤師国家試験に合格することでなることができます。
日本の薬剤師は欧米に比較してあまり一般の人に浸透していないという実情があり、何をしている職業なのか、よくわからないという人も多く見られるというのが現状です。
薬剤師としての勤務先は、2015年現在では調剤薬局が最も多く、次いで病院・診療所、その他に製薬企業や医薬品卸会社(主にそれらの医薬品情報担当者)、麻薬取締官、大学などの教育機関となっています。
かねてより日本では、薬に関する権限が医師に集中しているということが指摘されていて、薬の専門家であっても最終的な権限は薬剤師ではなく医師にあるという実情があります。
そのため、薬漬け医療などが社会問題化し、医師の処方をチェックするという目的で医薬分業が急速に進み、特に調剤薬局が多く存在することとなりました。
今後は高齢社会に伴うチーム医療の一端として、主に在宅医療への参画が求められており、職能の拡大と一般への認知、地位の向上といったものが課題として挙げられています。

薬剤師が行うことについて

薬剤師は患者に間違いなく処方された薬を渡す事です。
また、渡す時には患者と共に確認作業を行うだけではなく、薬の副作用や使用方法等についての説明を行います。
薬の管理も薬剤師の大切な業務の一つです。
管理に不備があった時は社会的信用を失う事があります。
流出や紛失は犯罪につながる危険性があるので注意が必要です。
薬剤師は患者の声に耳を傾ける事やおくすり手帳の管理も大切な業務のひとつです。
患者に対して以前処方された薬の効き具合を確認したり、現在の状況を尋ね、薬が合っているかどうかを確認します。
昨今、おくすり手帳が一般的になってきています。
薬剤師にはこの手帳をみて、患者の現在の服薬状況を把握する責任があります。
問題点を発見した時はすぐに担当の医師やその他のスタッフと連携し、必要な措置を取るようにします。
薬剤師の業務は患者の命に関わるものが多いです。
複数のスタッフが連携して業務を行い、患者の安全を守っています。
また、彼らの業務は医師、看護師、患者やその家族と連携しなければ成立しないケースが多いです。
彼らの仕事は正しい薬が患者に処方され、患者が健康になる事です。
ミスは患者の健康や生命に悪影響を及ぼします。

pickup

歯列矯正や目立たない装置を使った治療など様々な治療法に対応している東京の歯科

歯列矯正 東京

魚を70%以上を使用した嗜好性抜群のキャットフードをはじめ、魚55%のドッグフード魚100%のトリーツを輸入し販売しております。

穀物不使用 ドッグフード

ディズニーマジックキングダムズの攻略まとめブログです!

ディズニーマジックキングダムズの攻略サイト

最終更新日:2017/1/17

Copyright 2015  薬剤師の道しるべ  All Right Reserverd.