薬剤師になるための勉強

インターネットを利用した薬剤師の勉強

薬剤師の資格を持っている女性は多いです。
しかし、その資格を要する仕事に就いても結婚や出産を機会に退職される方もまた多いかと思います。
その様な方の中にはもう一度復帰したいと思っている方もいるかと思いますが、短期間のブランクではあまり問題なくても長期間のブランクともなれば、新たに勉強が必要です。
なぜなら、状況は常に変化しているからです。
例えば、保険制度の変更であったり、法の改正等があるからです。
そのため、現在の制度を把握できる様に考え、勉強の方法についても過去してきた方法だけではなく、その時代や状況にあった方法を取り入れながら勉強する必要があります。
現在では、インターネットの普及に伴い、簡単に色々な情報が得ることができます。
薬剤師向けの専門サイトや現役の薬剤師のブログ等を見れば、いち早く情報を入手したり、現在の状況等を掴みやすくなるといった事が可能であるため、インターネットを利用した勉強方法が効果的です。

日々勉強が必要な薬剤師

薬剤師にとっての勉強とは、どのようなものをさすでしょうか。
まず現在薬剤師になるためには、大学に6年間通い所定の科目を履修する必要があります。
またこの6年制の過程には、OSCEと呼ばれる患者対応や服薬指導、調剤に関する実技を含む試験や病院2ヶ月半、調剤薬局2ヶ月半の長期実務実習を含んでいます。
6年制に移行する前には4週間の病院実習のみが必修科目となっており、より実務に沿った形での育成が行われていると言って差し支えないでしょう。
国家試験は全部で345問あり、その中で科目が細かく分かれている他、各科目においていわゆる「足切り」ラインが設定され、科目ごとの最低点数をクリアし、かつ合計点数が65%以上という条件をクリアすれば晴れて合格となります。
近年国家試験の合格率が下がってきていて、試験の質が上がり求められる学力レベルが上昇したこと、6年制に移行するに伴い学生の質が低下していることなどが原因として挙げられています。
また、現場で勤務する薬剤師にとってもまた、日々進歩していく医療に対応するための勉強は必須であると言えます。
10年も経てば、学生の頃にはなかった作用機序を持った新薬が開発されたり、新たな治療ガイドラインが設定されこれまではあまり行われなかった治療が主流になったりします。
質の高い業務を続けるために、たゆまぬ努力を続けているのが優れた薬剤師であると言えるでしょう。

Valuable information

最終更新日:2017/1/24

Copyright 2015  薬剤師の道しるべ  All Right Reserverd.