薬剤師の業務内容

がんばる薬剤師の業務内容

薬剤師が主に活躍するのは病院、そして調剤薬局です。
患者さんに薬の調剤をするのはもちろん、飲み方を伝えたり、逆に薬に関する要望を聞いてアドバイスしたり、患者さんがいままでどんな薬を飲んでいたのかを把握していくことも業務に含まれます。
病院で働く薬剤師には、他に病棟の薬剤を管理したり、薬剤の副作用や臨床現場でのデータ管理を任せられることもあります。
中には病院以外での業務に従事している方もいらっしゃいます。
普段目にしやすいところだとドラッグストアで医薬品の販売や薬の相談に乗っている方ではないでしょうか。
医薬品の販売には薬剤師の許可が必要なものもあります。
目につきにくいところだと製薬会社に勤務し、新薬の開発に従事したり、治験のコーディネイターとして活躍する方に専門職として企業に採用される方、公務員として薬剤師の資格を生かして研究機関や保健所で働いている方、化粧品メーカーに勤務されている方もいます。
一口に薬剤師といっても活躍できる場所は多数あります。

薬剤師ってなに?その業務とは?

薬剤師とは、厚生労働省管轄の国家資格を持っている有資格者のことであり、その業務は医師の処方に沿って薬品を調剤、供給する事だといわれています。
もちろん、薬に関してのエキスパートといえる仕事なので、ただ調剤、処方するだけではなく、その薬によって起こる副作用や効果を考え、処方された患者への適切なアドバイスをする事も立派な業務の1つであるといえます。
薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格して厚生労働省から薬剤師免許を貰う事が大事となります。
これをもっているだけで、その業務は多岐に亘る事が出来、病院、薬局、学校などで仕事をする事が可能です。
また、最近ではどうしても在宅医療が勧められている事から自宅で療養されている方が少なくありません。
こういった事からも、訪問看護、介護に追加され訪問薬剤師として地方自治体にて働くといった新しいニーズが求められるようになってきました。
これからも薬は新しいものが続々開発され、新しい業務の形が増えてくるかと思います。
今後の動きに期待が上がりますね。

Copyright 2015  薬剤師の道しるべ  All Right Reserverd.